40代からの膣引き締め、膣縮小 女性器のお悩みを あなたの主治医が解決します

膣引き締めや膣縮小、膣トレなど膣ゆるみ改善のためのノウハウ

女性器のお悩みを専門医が解決します » 膣縮小の治療法全解説 » 手術

手術

手術による膣引き締め効果

手術によって膣の引き締め効果をどのように得られるのか、またどんな手術が行われるのかについてわかりやすく説明します。

膣の引き締めにはいろいろな施術法がありますが、その中でも最も確実な成果をあげる方法と言えば手術になります。
手術を行うには、まず膣について知っておく必要があります。
膣は、子宮と外を繋いでいる部位で、奥は子宮頚部、出口は外陰部へとつながっています。生理の際に経血が出るところであり、出産の際には赤ちゃんが生まれてくるときの産道となります。膣は、出産や加齢をはじめさまざまな要因でゆるみが生じることがあります。
手術で膣のゆるみを改善するには、膣の入口を狭くする方法と、膣全体を狭くする方法があります。
入口を狭くする方法は、比較的軽度のゆるみの人に適しています。
膣全体を狭くする方法には、メスを使う方法とレーザーを使う方法があります。レーザーによる施術の方が出血もかなり少ない上に周辺にある肛門や尿道などを傷つけるリスクが少なくなります。ただし、膣縮小術は一般的であるものの、膣の奥からレーザーによる根本的な引き締め手術をするには高いスキルが必要だといいます。そのため、日本でも限られたドクターしかできないそうですので、クリニック選びが重要といえます。

膣引き締めの手術

膣縮小術(入口)

料金:420,000円

軽度の膣のゆるみは膣の入口を狭くすることで改善されるため、麻酔下で膣入口から3~4cm部分を縫い合わせて縮めます。数日は出血がみられ、痛みを感じることがあります。1カ月程度で性交渉が可能になります。

膣縮小術

膣の奥から入口までの全体を麻酔下において狭くする手術です。広範囲に粘膜の剥離や縫縮を行う手術になるため出血や痛みを伴います。また、膣に近い尿道や肛門、直腸などを傷つけるリスクも伴いますので、熟練したドクターによる施術が必須です。

LVR(レーザーによる膣縮小術)

料金:700,000円

女性器専用のLaserProダイオードを使って行う手術です。従来の方法よりリスクも出血も少なく、ダウンタイムも短くてすみます。正式なライセンスを持つドクターだけができる治療法です。

>>LVRについてもっと詳しく見る

女性器のお悩みを
専門医に
相談してみた