40代からの膣引き締め、膣縮小 女性器のお悩みを あなたの主治医が解決します

膣引き締めや膣縮小、膣トレなど膣ゆるみ改善のためのノウハウ

女性器のお悩みを専門医が解決します » 膣縮小の治療法全解説 » レーザー

レーザー

レーザーの膣引き締め効果

レーザーを使ったマシンによる膣の引き締めにはどんな効果があるのか、マシンの種類についても紹介します。

レーザーにはいろいろな種類があります。婦人科形成では、主にVタイトニングレーザーに見られるようなエルビウムYAGレーザーが使用されています。メスを使わずに確実に膣の引き締めだけでなく不快な尿漏れなども改善する効果があります。
レーザーを使うと、膣の深い部分に熱エネルギーが到達します。その刺激によって細胞にコラーゲンが生成され、細胞そのものにハリをもたらし厚みを持たせます。それによって膣壁が押し上げられて引き締めや縮小効果が生まれます。実際の施術では、照射時に温かい程度の熱感を感じますが痛みはほとんどありません。ダウンタイムで見ると、高周波治療では約1週間、同様のCO2レーザーでは10日間といわれていますが、YAGレーザーなら3日程度なので日常生活への影響はほとんどありません。さらに、これまで難しかった閉経後の人にも効果を発揮します。
レーザー治療による効果としては、膣の縮小や引き締め、尿漏れや入浴後のお湯漏れの改善、性交渉時の感度アップ、膣や小陰唇などの陰部の黒ずみの解消など多岐にわたります。

レーザーによる治療は、婦人科形成のみならずもはや医療の分野ではなくてはならない存在です。膣の引き締め効果においても、既に多くの臨床実績や高い満足度が報告されていて、その確かな効果は高く評価されています。
従来のYAGレーザーでは、表面のみだった効果が技術改良により表面のダメージを抑えてより深い部分にしっかり到達することができるようになりました(Fotona社 独自技術 SMOOTH MODE)。

レーザーの膣引き締めマシン

Vタイトニングレーザー(インティマレーザー)

料金:198,000円~(尿漏れがある場合には+50,000円)

YAGレーザーを使って60℃前後の熱エネルギーを膣の深部まで到達させ、深い部分から細胞内にコラーゲンを生成させて細胞に膨らみとハリを与えます。膣入口から子宮に近い奥の部分、小陰唇への照射が可能です。最小クラスの機器で、その効果は1年以上持続します。数々の臨床実績と満足度でその効果が立証されているマシンです。

>>Vタイトニングレーザーについてもっと詳しく見る

女性器のお悩みを
専門医に
相談してみた