40代からの膣引き締め、膣縮小 女性器のお悩みを あなたの主治医が解決します

膣引き締めや膣縮小、膣トレなど膣ゆるみ改善のためのノウハウ

女性器のお悩みを専門医が解決します » 膣縮小の治療法全解説 » 気になる膣のゆるみを切らずに改善できる脂肪細胞注入とは

気になる膣のゆるみを切らずに改善できる脂肪細胞注入とは

女性のデリケートな悩みの1つでもある「膣のゆるみ」。パートナーに指摘されたり、出産後に自分で感じたりすることがあります。同じ悩みを持っている女性は意外にも多いのです。女性は出産を経験すると、どうしても膀胱、子宮、直腸などを支えている骨盤底筋にゆるみが生じてしまうのです。ほかにも加齢に伴って膣壁にたるみが出ることがあります。

こういった悩みを解消する治療として膣壁縮小(脂肪細胞注入)が注目を集めています。

膣壁縮小(脂肪細胞注入)とは

自分の脂肪細胞を注射することで膣内にボリュームを持たせる治療法です。出産や加齢によって膣がゆるんだり、痩せたりしてしまった場合に効果を発揮します。本来、膣はふっくらしてボリュームがあるものですが、さきほど説明したように、出産や加齢によって少しずつ痩せてしまうのです。

自分の脂肪細胞を利用することで拒絶反応もなく、細胞が「生着」することで元どおりの自分の膣を取り戻すことができます。また、持続効果も高く、一度治療すれば何度も病院に通う必要がないのも特徴です。

これによって膣のゆるみ改善、タイトニング、感度アップといった効果が期待できます。

膣壁縮小(脂肪細胞注入)の特徴

壁縮小(脂肪細胞注入)の特徴は「高い持続力」「自然な仕上がり」「切らない、縫わない治療」ということが挙げられます。

高い持続力

脂肪細胞注入は自分自身のお腹や太ももから脂肪吸引をして、その細胞を利用します。そのため、拒絶反応の心配がありません。高い持続力の理由は脂肪細胞を注入した部位が「生着」することにあります。

注入された部位の細胞がお互いに機能を果たそうとすることで、完全に吸収されるということがありません。ヒアルロン酸の場合だと注入すると完全に吸収されてしまうので、一時的には効果がありますが、長くは持ちません。

自然な仕上がり

自分の脂肪細胞を利用するため、限りなく自然な仕上がりになるのも大きな特徴です。細胞に含まれる成長因子が、損傷した細胞を修復、新しい細胞を生成してくれます。このため、コラーゲンや弾力を持った、ふっくらと肉厚な膣壁を取り戻すことができます。

切らない、縫わない

施術に際して切ったり塗ったりということを一切しません。痛みが不安、デリケートな場所を切るのは抵抗があるという女性でも、安心して受けることができます。注射には極細の特殊針を使用するため、注入部位に傷跡が残る心配がありません。

また、脂肪吸引にはカニューレと呼ばれる細い管を使用して行います。脂肪吸引の場合は少しだけ皮膚を切ることになりますが、傷跡はかなり小さく、術後に縫うこともせず、包帯で処置するだけなので、抜歯の必要もありません。傷跡自体は数週間で消えてしまいます。

痛みが気になるのであれば麻酔も

どうしても痛みが気になるという場合には医師に相談してみましょう。クリニックによっては患者さんの負担を最小限にする「リラックス麻酔」などを使ってくれるところもあります。点滴で麻酔を行い、眠ったまま治療を受けることができるので、気づいたらすべて終わってします。

治療方法

オザキクリニックを参考にすると治療方法は専用のカニューレを太ももやお腹に挿入し、脂肪細胞を吸引します。そのまま吸引にした脂肪細胞を膣壁に注入するだけです。施術時間は60分~90分程度で痛みはほとんどありません。ダウンタイムが3日~1週間程度ありますが、シャワーは当日からOKです。ただし、性行為は1ヶ月程度は控えるようにしましょう。

膣壁縮小(脂肪細胞注入)がおすすめの人

以下のような人は膣壁縮小(脂肪細胞注入)を検討しても良いでしょう。

  • 膣のゆるみが気になってきた
  • 性生活がマンネリしてきた
  • 安全性に膣のボリュームを取り戻したい
  • 痛い治療、切らない治療が良い
  • くしゃみをしただけで尿が漏れる
  • 入浴中に膣にお湯が入り込む
  • パートナーが膣のゆるみを指摘してきた
  • 膣をタイトニングしたい

女性器のお悩みを
専門医に
相談してみた