40代からの膣引き締め、膣縮小 女性器のお悩みを あなたの主治医が解決します

膣引き締めや膣縮小、膣トレなど膣ゆるみ改善のためのノウハウ

女性器のお悩みを専門医が解決します » 自分でできる膣ゆるみチェックから膣トレ » 骨盤底筋とは

骨盤底筋とは

膣の締まりをつかさどる骨盤底筋

骨盤底筋はひとつの筋肉の名前ではなく、正しくは骨盤底筋群としていくつかの筋肉の集まりを指しています。骨盤底筋群を構成している筋肉には9つあります。

  1. 恥骨直腸筋(肛門挙筋の一つ)
  2. 恥骨尾骨筋(肛門挙筋の一つ)
  3. 腸骨尾骨筋 (肛門挙筋の一つ)
  4. 深会陰横筋
  5. 浅会陰横筋
  6. 外肛門括約筋
  7. 外尿道括約筋
  8. 球海綿体筋
  9. 坐骨海綿体筋

これらの9つの筋肉が複雑に働きあってハンモックのような形を形成し、骨盤を底から受け止めるように支えています。骨盤底筋は2つのエリアで分類されており、生殖器がある前部を尿性殖三角、肛門がある後ろ側を直腸三角・肛門三角と呼びます。

骨盤底筋の働き

骨盤底筋は骨盤を底から支える役割を果たしていますが、これは骨盤の中にある子宮や直腸、膀胱や尿道などを支えることを意味しています。内蔵を下から持ち上げるように支えて、腹圧をかけているのです。

互いに作用し合うこれらの筋肉は排便を助けたり、膣や尿道を締める働きを持っています。具体的には、筋肉の一部が肛門の周りに加えて、尿道と膣の周りをぐるりと回る形で8の字型になっているため、引き締める力を加えることができます。

しかし、体の他の筋肉と同様に、骨盤底筋の力もさまざまな理由により衰えていきます。その原因としては

妊娠や出産

大きくなった子宮を支えたり赤ちゃんが産道を通る際に筋肉が損傷して締まりにくくなる

加齢

加齢によって筋肉の力が衰えてしまうため

肥満

下腹部に着いた脂肪によって筋肉が弱くなる

運動不足

筋肉を使わなくなるため筋力が衰えてしまう

などがあげられ、その結果、尿漏れをはじめ膣のゆるみなどが起こります。
とくに加齢による筋肉の衰えを回復するのは容易ではありません。その場合は、クリニックで施術を受けることがストレスなく確実に改善できる方法と言えます。

見逃せないのは、骨盤底筋の衰えが酷くなると、骨盤臓器脱などの恐ろしい病気を引き起こす場合もあること。これは骨盤内にある子宮や膣壁などが外に飛び出してしまう病気です。これまで中高齢者に見られていたこれらの病気が、近年の生活スタイルの変化に伴って若い女性にも増えてきています。

女性器のお悩みを
専門医に
相談してみた