40代からの膣引き締め、膣縮小 女性器のお悩みを あなたの主治医が解決します

膣引き締めや膣縮小、膣トレなど膣ゆるみ改善のためのノウハウ

女性器のお悩みを専門医が解決します » 自分でできる膣ゆるみチェックから膣トレ » 膣トレグッズ

膣トレグッズ

膣トレグッズの使い方

膣トレグッズの効果的な使い方や商品の特徴などを紹介します。

膣トレグッズは膣の引き締めを目的に、骨盤底筋を効率よく鍛えるために作られた商品です。
いろいろなタイプのものがありますが、まずは基本的かつ効果的な使い方を紹介します。

  1. 挿入しやすい体勢でリラックスしてグッズを膣内に挿入します。体勢は、四つん這いでも片足を椅子などに挙げた状態でもOK。入りにくい時は、潤滑剤などを使うといいでしょう。
  2. 1日10~15分程度を目安に、家事をしたりテレビを見ながらトレーニングします。挿入したボールに意識を集中して、お尻の穴を締める感覚から始めます。慣れたら膣を締める感覚がつかめるようになります。
  3. さらに慣れてきたらボールを重くして行ないます。徐々に感度が高まるのがわかるでしょう。姿勢もよくなってW効果を実感できます。

膣トレグッズの特徴とは!

膣トレグッズは、いろいろな種類があります。まずはどんな違いがあるのかを確認してみましょう。

大きさ

普通サイズ~大き目まで目的や使う人に合わせて選択します。それぞれに太さや長さが記載されていますが、初心者には比較的小さめや短めのものがおすすめです。違うサイズのものがセットになっている場合もあります。

挿入部の形がもっともベーシックなものは、ボールのような形をしています。商品によってボールが1つのシングルタイプと2つのダブルタイプがあります。その他、ハート型やソラマメ型などがあります。慣れない方は、シングルタイプから始めるといいでしょう。

重さ

重さが重くなるほど負荷がかかるので、初めは軽いものでトレーニングを行ない、慣れるにつれて徐々に重くしていくといいでしょう。

素材

一般的にはシリコンが主流ですが、ABS樹脂やTPE、エラストマーなどの商品も出てきています。どれも肌ざわりにこだわった素材を使用しています。

このようなグッズを使って段階的にトレーニングを行なうことで、骨盤底筋が鍛えられて膣の引き締め効果が生まれます。ただ即効性はなく、早い人で3カ月目くらいから、人によっては1年くらい続けてようやく効果を実感できるということもあります。

個人差はありますが、少しずつ改善していくものですので気長に続けていくことが大切です。

女性器のお悩みを
専門医に
相談してみた