40代からの膣引き締め、膣縮小 女性器のお悩みを あなたの主治医が解決します

膣引き締めや膣縮小、膣トレなど膣ゆるみ改善のためのノウハウ

女性器のお悩みを専門医が解決します » 膣引き締めのマシン全解説 » LVR(レーザー・ヴァギナ・リジュビネーション)

LVR(レーザー・ヴァギナ・リジュビネーション)

LVRとは

LVRは、レーザー・ヴァギナ・リジュビネーションの略称であり、女性器専用のレーザーを使った膣の若返りを期待できる治療です。

この治療に使われるレーザーは、女性器専用に作られたLaserProダイオードレーザーです。膣の奥深く子宮口の手前から膣の入口、尿道に近い部位まで、幅広い範囲で引き締めを行うことができます。全体的な引き締めを行うことで、膣の機能的な若返りをする治療をLVRといいます。

LVRには、オーダーメイドで治療を行えることや最小限のダメージで済むことなど、さまざまなメリットがあります。従来は手術によって入口だけを引き締めるなどの治療が主流でしたが、LVRは若かったころのような締まりのある膣を取り戻すことが期待でき、運動やエクササイズなどの効果ではなく確実に引き締めたい人、産後に筋肉が損傷したために一般的な施術では効果が望めない人などの重い症例でも、確実に十分な効果を引き出せます。

LVRの効果

  • 確実な膣の縮小や引き締め
  • 尿漏れの改善

こんな悩みにおすすめ

  • 膣のゆるみが気になる人
  • 入浴後のお湯漏れ
  • ふとした拍子の尿漏れ
  • 性交渉を楽しみたい人
  • 女性としてのリスタートを踏み出したい人

LVRの施術

料金:700,000円~

麻酔下で手術を行います。それぞれの膣の状態に合わせてレーザーで膣の余分な粘膜を取りのぞき、膣の周辺にある筋肉を縫い合わせ、さらに膣粘膜を縫合して全体を狭くします。
施術時間は、膣の後壁(肛門側)で1時間半程度、前壁(膀胱側)も含めると2時間半程度を要しますが、日帰り手術が可能です。しばらく少量の出血が見られ、性交渉は1カ月後から可です。また、前壁まで手術を行った場合には、尿を出すための管(尿道カテーテル)を数日間導入します。

基本的に通院は不要ですが、1カ月後くらいに検診を兼ねて受診が必要です。
マシンによる引き締めと比べると、より確実にしっかり縮小するための手術になりますので、経過観察が必要です。
膣の機能をほぼパーフェクトに回復することを考えると、メリットは非常に大きいと言えるでしょう。

ただ、レーザーによる膣引き締めの施術は、非常に高いスキルが要求されるといいます。施術は少なからず負担がありますので、きちんとしたカウンセリングによる内容をしっかり理解することが重要です。そのうえで納得して施術を受けるようにしましょう。

LVRが受けられる婦人科形成「みどり美容クリニック」の無料カウンセリングを受けてみる

女性器のお悩みを
専門医に
相談してみた