40代からの膣引き締め、膣縮小 女性器のお悩みを あなたの主治医が解決します

膣引き締めや膣縮小、膣トレなど膣ゆるみ改善のためのノウハウ

女性器のお悩みを専門医が解決します » 女性器のお悩みを解決する婦人科形成とは » 処女膜を切開したい

処女膜を切開したい

処女膜の切開について

膣口の入口に見られる巾着の口のような形をしたヒダのことを処女膜といいます。
処女膜の状態には個人差があり、大きさや柔軟性・形状だけでなく、真ん中に穴が開いていたり、複数の穴があったりとまちまちです。
初めての性交渉の時は出血するという話をよく耳にしますが、人によっては出血しないケースもあります。性交渉の際の出血が初めての証にはならないということを知っておきましょう。
中には挿入の時に強い痛みを感じたり、挿入はできても性交渉を苦痛に感じる人もいます。このような人たちは、処女膜が硬くて柔軟性がなく、膣口がちゃんと開いていないために、挿入時にヒダが突っ張ったり裂けたりして痛みを感じるのです。また、処女膜強靭症(しょじょまくきょうじんしょう)といって、処女膜の靭帯が非常に強く性交が困難な人もいます。

性交渉がきちんとできなければ、妊娠や出産の障害にもなりますので、外科的には処女膜の形を変えて改善する処置が必要となります。

悩み相談~子供が欲しいので性交をできるようになりたい~

処女膜強靭症に悩む30代・女性

彼との結婚を考え始めて2年。私の悩みの種は、処女膜強靭症によって性交渉ができないことです。彼との子供を持ちたいと考えているので、このままではいられません。以前、処女膜強靭症と診断された際に手術を勧められましたが、処女膜を切開する決心ができないままアラサーになり、いよいよ決断が必要な時となってしまいました。いまだ処女の私が子供をもって幸せな家庭を築くために、性交渉ができるよう受け入れ態勢を整えたいのですが、不安ばかりが先行しています。

考えられる施術法

施術法 詳細 料金
処女膜
切開術
麻酔下で処女膜を硬くしている靭帯部分を切開し、突っ張りを緩めて縫合します。生理程度の出血を伴いますが、溶ける糸を使うため抜糸は必要ありません。基本的には日帰りで手術が可能ですが、性交渉は1カ月程度控えることが必要です。 210,000円程度

処女膜に関する悩みは、女性にとっては一大事です。パートナーとの関係もギクシャクしがちですし、子供を持つこともできないなど、さまざまな問題を抱えることになりかねません。
ただ、処女膜を切開しすぎると今度は緩くなりすぎてしまうリスクもあります。そのため、信頼できるクリニックを選ぶことが必須条件です。

まずはカウンセリングで自分の悩みをしっかり聞き取ってくれるクリニックであるかと同時に、対応や提案力などもチェックするようにしましょう。

処女膜切開についてみどり美容クリニックに無料相談する

女性器のお悩みを
専門医に
相談してみた