40代からの膣引き締め、膣縮小 女性器のお悩みを あなたの主治医が解決します

膣引き締めや膣縮小、膣トレなど膣ゆるみ改善のためのノウハウ

女性器のお悩みを専門医が解決します » 女性器のお悩みを解決する婦人科形成とは » おりものが気になる

おりものが気になる

おりものとは

子宮頚管から分泌された粘液と膣の分泌物が混じったもののことを、おりものと言います。おりものは、細菌が外部から子宮に侵入してくるのを防御する働きを持っており、体を守る存在なのです。
また、性交渉の際に挿入するための潤滑油の役目をしたり、精子がスムーズに子宮内に入っていけるよう受精の手助けもしてくれます。 おりものは、月経周期に合わせて量が変わります。分泌される量も個人差が大きいので、量が多いから病気ではないかと心配する必要はありません。

  • 正常なおりもの:無色透明か乳白色、クリーム色。乾燥すると黄色っぽくなり、やや酸味のある生臭いような臭いがあります。
  • 注意が必要なおりもの:カッテージチーズのようなぽろぽろ状、黄色や黄緑・赤や赤茶色など色の異常、不快な臭い、かゆみや痛み・出血を伴う場合など。

おりものの診断は、他人と比較ができないので、意外と難しいものです。何らかの病気が隠れていることもありますので、気になったら専門のクリニックを受診するほうが賢明です。

悩み相談~最近痒みとおりものの臭いが強くなった~

性病に不安を持つ20代・女性

彼氏がいるので、セックスは時々していますが、ここ最近おりものの量が多く、臭いも強くなってきたうえに、なんとなくかゆみもあるような気がすることに悩んでいます。
不安にかられてネット検索をしてみたところ、性感染症の記事が出てくるのでとても心配になりました。病気なんでしょうか…。

考えられる施術法

おりものに異常が考えられる場合としては

  • 性感染症
  • 膣炎
  • 子宮や子宮頚管の病気

などが考えられます。

もし上記のような病気が見つかった場合には、次のような治療が考えられます。

施術法 詳細
薬物療法 性感染症や膣炎の場合は、ウイルスや細菌、原虫などの感染が原因です。治療時は原因となっているものを確定する診断をして、それに合った薬を服用します。原因によって薬の種類も異なりますので、自己診断は禁物です。また、完治していない状態で性交渉をすると相手にも感染しますので注意しましょう。
手術 子宮や子宮頚管内の病気が原因の場合には、手術によって患部を切除する方法がほとんどです。軽度の場合には、内視鏡などを使って行われますので日帰りでも可能ですが、がんなど重い病気の場合には、主治医と相談のうえで治療を行う必要があります。

おりものは、女性のホルモンの状態をみるバロメータでもあり大切な働きを持っています。
何らかの異常を感じた場合には、自己診断は難しいので婦人科などを受診することが大切です。カウンセリングでどんな状態なのかを詳細に説明して、適切な診断を受けるようにしましょう。

おりものの悩みをみどり美容クリニックに無料相談する

女性器のお悩みを
専門医に
相談してみた