40代からの膣引き締め、膣縮小 女性器のお悩みを あなたの主治医が解決します

膣引き締めや膣縮小、膣トレなど膣ゆるみ改善のためのノウハウ

女性器のお悩みを専門医が解決します » 女性器のお悩みを解決する婦人科形成とは » 膣の入口のゆるみを縮小したい

膣の入口のゆるみを縮小したい

膣の入口のゆるみによる影響

膣入口は専門的には膣口といいます。入浴後にお湯が漏れてきたり、性交の際に空気が入って音がするといったことは、膣口がゆるいために起こっていることもしばしばです。男性に指摘されて悲しい思いをすることもあり、できることなら改善したいと考えている人は少なくないでしょう。
ここでは、膣ゆるみの中でも特に入口のゆるみを改善するための施術について、実際の悩みを基にわかりやすく紹介します。

膣口がゆるむ原因としては、

  • 出産によって広がった後の戻りが悪い
  • 出産時の縫合で膣口が歪んでしまった

といったことがあるようです。
また、性交時に男性側がなかなか射精までに達しないといった悩みも聞かれます。これは、膣が男性器をしっかりホールドできていないために感度が弱まり、射精に至らないことが多いようです。

これらのケースでは、膣全体ではなく膣口を改善することで解消できるケースも少なくありません。
膣口がゆるいことに起因して健康に大きな影響があるわけではありませんが、パートナーとの性生活にも影響を与えるなど、日常生活においては大きな悩みの一つとなりえます。他人にはなかなか相談できず一人で悩んでいる人も多いので、気持ちよく毎日を過ごすために是非専門医を受診して改善したいものですね。

悩み相談~夫からゆるくていけないと言われる~

夫との性生活に不安を感じる30代・女性

結婚して8年、小学生の子供がいます。共働きで夫婦関係もそれほど悪くはありませんが、夜の生活だけは夫から満足できないと言われて、もやもやしています。出産のときにかなり難産で大変でしたが、それからしばらくしてからゆるくなったと言われました。なかなかいけないんだよね、と言われてショックを受けました。
ネットで調べて体操などもやってみましたが効果は感じられず。なんとなく夜になると険悪なムードになることも。夫も30代でまだ現役なので何とかしたいのですが、この年齢でもうゆるんだのかと思うと恥ずかしくて誰にも相談できずに悩んでいます。

考えられる治療法

このような性生活の悩みは他人にもなかなか明かすことができないため、特に女性の方が悩むことが多いようです。膣口がゆるいことで起こる性交渉の悩みとしてよく聞かれるのは、男性側が感じにくくなり射精に至らない、挿入中に膣から空気が漏れる、音がするといったこともあげられます。特に射精に至らないケースでは、パートナーとの関係に微妙なずれが生じるなど日常生活にとっても影響を与えることになりかねません。特に出産後に性交渉がうまくいかなくなったと感じる女性の多くは、膣口がゆるんでいることが多いともいわれます。

こういった場合、対処法として膣口を狭くする治療を行うことで改善できることがほとんどです。膣口の縮小にはいろいろな方法がありますので、紹介しましょう。

膣縮小手術

膣口を狭くする手術は、膣縮小手術とよばれています。
膣縮小手術は、どこまで引き締めるかによって手術の方針が異なります。一般的には、局所麻酔か静脈麻酔を行い日帰り手術となります。

出産経験のある人の場合

肛門挙筋縫縮術と呼ばれる施術を行います。膣を切開して会陰と呼ばれる部分を取り除き、肛門を絞める働きをする筋肉を縫い合わせて縮め、最後に切開部分を縫い合わせて入口を狭くします。

出産経験のない人の場合
膣粘膜縫縮術と呼ばれる施術を行います。この場合、筋肉には触らず入口だけを縫い合わせて狭くします。

これらの手術では、外科的に膣の入口を狭くしているため、加齢による変化はありますが効果は永久的です。ただ、出産などの予定がある場合には手術が勧められないケースもあります。膣の周囲には尿道や肛門などがすぐ近くにあるため、万が一それを傷つけてしまうとさらに大きなダメージを被る恐れがあるのです。ですから、必ず信頼できる医療機関を選ぶことが大切です。

他にも、このような大掛かりな外科手術と比較して体への負担を最小限に抑えた新しいマシンを使った治療法があるそうです。その治療法について、みどり美容クリニック・広尾のみどり先生にお尋ねしました。みどり先生のクリニックではメーカーにこだわらない多彩なマシンを幅広く設置しているので、実際に使用した効果などを踏まえた正しい情報を提供していただきました。

おすすめの膣の入口のゆるみの治療法

治療法 詳細 料金
膣縮小手術
(LVR)
レーザーメスを使って膣口から膣の奥までを狭くする治療。出血も少なく日帰りで可能です
>>治療法をもっと詳しく見る
700,000円程度~
ビビーブ 高周波を使った施術
>>治療法をもっと詳しく見る
280,000円程度
インティマレーザー
(Vタイトニング)
さらに奥から引き締め可能。尿漏れにも効果あり
>>治療法をもっと詳しく見る
1回 198,000円程度~
ヴィーナスハイフ
(ウルトラヴェラ)
超音波を使った世界初の施術。VタイトニングとW使いでさらに効果アップ
>>治療法をもっと詳しく見る
1回 198,000円程度~

LVRという女性器専用のレーザーメスを使用した手術では、周囲へのダメージも最小限に高い効果が期待できます。それ以外のレーザーは手術ではないために、出血の心配もなくダウンタイムも比較的短く日常生活に差し支えることがほぼありません。

このようなレーザーを使うには熟練の技術が必要で、患者の不安や悩みをしっかり受け止めて適切に対処してくれるクリニックを選ぶことが大切です。そのためには、十分なカウンセリングを行ってくれるクリニックであることが大前提といえるでしょう。また、カウンセリングによってクリニック全体の姿勢や取り組みもわかります。自分の持つ悩みを十分に聞いてくれて、たくさんの引き出しをもって最適な治療法を提案してくれるクリニックを選ぶために、カウンセリングの受け方や質問の仕方なども覚えておきたいものです。

女性器のお悩みを
専門医に
相談してみた